未分類

ボディセンスの付け方について|頻度や量など効果的な使い方を解説

ボディセンスの付け方について、頻度や量など効果的な使い方をまとめました。

実際に試して気になったポイントも含め正直にまとめていますので、使用前、購入前に確認したい方も含め事前にご覧ください。

ボディセンスの付け方(使い方)について

ボディセンスの付け方(使い方)について

ボディセンスの付け方(使い方)ですが、香水と基本的に同じではあります。

ただ、「ボディセンスはどんな匂い?」でも解説していますように、香水と比較をすると香りの強さは弱い部類に入ります。

そのため、ボディセンスに合わせた付け方(使い方)がポイントとなります。

ポイント

・付ける場所

・付ける量

・付ける頻度やシチュエーション

こちらをそれぞれ解説していきます。

①付ける場所

ボディセンスを付ける場所ですが、香水の付け方と基本的に同じです。

・耳の裏

・手首の内側

・首筋

このように光が当たりづらく、血管の通りが良い場所に塗ると良いです。

その根拠ですが、耳の裏は光が当たりづらく、香りが薄れづらく長持ちしやすい場所だと言われています。

また、首筋や手首の内側などは血管が皮膚の表側に通っていますよね。

そのため、体温も上昇しやすいため香りがバランス良く拡散されやすい場所でもあります。

ボディセンスをサッと塗り、擦りすぎないこともポイントとなります。

香りの粒子がつぶれることで香りの持続性が落ちると言われているためです。

②付ける量

ボディセンスを付ける量ですが、少量で問題ありません

指先でボディセンスの表面をなぞる程度で適量が指に付きますので、そのまま耳の裏などに薄く伸ばしながら塗ります。

何度も重ね塗りする必要はありませんので、実際にボディセンスを購入された際には香りの強さに合わせて調整してみてください。

ボディセンスは基本的に香りは弱く、ご自身のフェロモンをブーストさせる目的がありますので軽くで問題ありません

ボディセンスの最安値は公式サイトとなります。

無料プレゼントや返金保証も含め公式サイトをご確認ください。

③付ける頻度やシチュエーション

ボディセンスを付ける頻度ですが、私の場合は

ポイント

・朝出掛ける前

・休憩中(仕事や授業など)

・香りが欲しい時(デート前など)

このように付け足していました。

朝だけでは香りもすぐに弱くなるため、デート前や気になる人と距離が近くなるタイミングで使うようにしていました。

女性にはボディセンスの香りも感じやすいのか、「良い匂いするね」と聞かれたこともあります。

※ボディセンスの体験談やアンケート結果はこちらをご覧ください。

【効果なし?】ボディセンスの口コミや評判は嘘なのか検証【女性100人にアンケート】

このように、あなたにとって大事なタイミングで使うようにしましょう!

あなたのフェロモンをブーストさせて、気になる相手にもあなたの魅力を伝えていくことで距離を縮めるきっかけが生まれるかもしれません!

-未分類